則天去私

諸無亭が経営する十人十色ブログ!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ARIA徒然記その74

担当:ARIA


どもARIAです。

今日は旅行の話でも(琵琶湖一周以来ですかね)

今回いってきたのは白浜温泉(和歌山)です。

なぜ白浜?それはゼミ合宿だからです(謎)
師曰く「合宿といえば温泉地だろjk」とのこと。
ふ~ん?そうなのかー(無関心)

正直なところ合宿とかメンドクセェwww

しかし何事も経験しておくに越したことはないということで参加決定。

さて当日は天王寺に集合しそこから「特急くろしお」で白浜まで二時間強(結構遠い)

到着!!!

何にもないよ!!!!!!!!!!!!!

寂しい!圧倒的寂寥感

いやもうほんと何にもない人すらいない。

これはえらいとこに来てしまった・・

駅からバスに乗り(微妙に高い値段設定)ホテルまで・・

そしてホテルに到着。

結構豪華じゃん!しかもホテルの前には綺麗な砂浜!
真っ白い砂で白浜という地名に納得。

ホテルに荷物を預けたあと

よーし海で泳ぐかーーーーだがしかし

博物館見学()です。

まず最初はここ

南方熊楠記念館

博物学(細菌・植物採集・民俗学)の大家である南方 熊楠の博物館です。

天から授かりし知能・妥協のない努力・不屈の精神をあわせ持った彼の学問に対する姿勢にはただただ感心するばかりでした。

そして次に京都大学臨海実験所


実験水族館に来るのは初めてです。

ふつうの水族館ではなかなかお目にかかれない珍しいものを見ることが出来ました。

特に一番おもしろかったのが

この写真を見てください。



これどうみても雑草が生い茂ってる(整備不足)ように見えますよね?

でも違います。これも立派な展示物だったのです(驚愕)



ふーむこんな逃げ道があるとはさすが京都大学目の付けどころがシャープですね!

さてまたホテルに戻ってきて今度こそ海(ry

はい勉強会始まりした()

夏休みに読んだ課題本の簡易報告からの議論。

知的な時間でした本当にありがとうございます。

そして温泉(源泉掛け流し)でゆったり・・・

気持ちいい!!!

リフレッシュした後は晩ご飯。
たいていホテルの晩飯は量が足りないというのが定番ですが、以外と量が多くて満足。

そしてこの後はお酒をのみつつの自由討論。
院生の方からはためになる話をいろいろして聞かせてもらえました。
これからの人生に役立ち・・・・そう?

私はお酒が強くないので皆より先にグロッキーになって就寝。

翌朝起床・・・しんど!!

お酒がほんとだめなんです。。。

絶不調のまま二日目の自然観光へ。

まずは千畳敷!

複雑な海流によって作られた地形が本当にふつくしい!

しかし残念なことに落書きの名所としてもここは有名なんです。



しかしこの落書きをする奴の神経はいったいどうなってるの?
しかも外国語(主にお隣の国々)の多いこと。
いやさすが(ry

次は三段壁!

名前の由来は船の監視所であった「見台」が変化したというのが有力だそうです。

崖が三段になっているのかな?と思っていたのですがそうではないようです。

そしてこの地下には「熊野水軍」の秘密基地があり、現在ではそこまでエレベーターが通じています。

基地は洞窟のようになっており複雑に入り組んだ地形になっています(おそらく公開されているのは一部)

海からの波が内部に押し寄せ派手な水しぶきをあげる・・こんな場所で当時の兵士たちは待機していたと考えるだけで・・

見応えたっぷりでおすすめです。

しかし料金もガッツリです(¥1200)
料金に見合う価値はあると私は思いますが。

そしてその後は白浜駅に戻り、くろしおで帰宅・・・からのそのままバイト。

忙しいスケジュールでしたが、マイナー&メジャー観光の両方ができたので満足です。

ゼミメンバーとの結束も今回の合宿を契機にかなり強まったように感じます。

冬の発表会に向けての研究に全力を尽くそう!そして公務員講座の勉強もしっかりやる!
決意を新たに頑張っていきたいです。



では今日はこのあたりで。

| 18:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syomutei.blog120.fc2.com/tb.php/619-f351f440

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT