則天去私

諸無亭が経営する十人十色ブログ!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ARIA徒然記その163 有馬温泉旅行記後編

担当:ARIA


山登りで疲れきっていたので温泉はとても気持ちよかったです。


私はあまり温泉に詳しくないので小学生並みの感想しかかけませんが・・


私たちが行った太閤の湯は金泉と銀泉、両方の温泉が楽しめます(確か有馬で唯一だったはず)


塩分と鉄分を多く含み褐色を呈する含鉄塩化物泉、ラジウムを多く含む放射能泉、炭酸を多く含む炭酸水素塩泉の3種類がある。 それぞれ、湧出口では透明だが、空気に触れ着色する含鉄塩化物泉(赤湯)は「金泉(きんせん)」と呼ばれ、 それ以外の透明な温泉は「銀泉(ぎんせん)」と呼ばれている


以上 ウィキ より抜粋


金泉は褐色ににごっており、匂いも独特でした。

珍しい温泉を堪能できてよかったです。

階段を上がった所にある露天風呂も気持ちよかったです。

釜風呂の水が満杯になるのを待って「ざぶーん」と一気に浸かるのは快感だった・・

家でこんなことやったらお湯の無駄遣いで怒られます・・・


そして一旦あがって休憩スペースへ


ここにはなんと畳張りの休憩スペースがあります!!

丁度いい感じに眠気がやってきたので昼寝することに・・


棗さんは真っ先に「スヤァ・・」と気持ちよさそうな寝息からの鼾でしたww

私も40分あまり意識を失い・・

気が付くと16時過ぎww



そこからさらにお風呂に入り、有馬サイダーソフト(¥350)を味わった後(さっぱりした味わいでおいしかったです)
太閤の湯を出ました。



05IMG_8905.jpg


太閤の湯外観

カメラはすぐに荷物として預けていたので写真あまりとれませんでした。


その後、山道をえっちらおっちら登って有馬稲荷神社へ

特段何が有名というわけでもありませんが、なんとなく・・


裏参道(意味深)を発見したので早速登ってみると・・・

IMG_8908.jpg
IMG_8912.jpg
8.12


orz


これは無理だわ・・


というわけでおとなしく表参道から登ることに



17IMG_8917.jpg


富士山登頂以来に見た運送用トロッコ、渋くてかっこいいです


18
IMG_8918.jpg

そして相変わらずの急な階段

しかし途中の立看板で少し和みました。

19.20IMG_8919.jpg
IMG_8920.jpg


(もうすぐ)



23.24
IMG_8923.jpg
IMG_8924.jpg

上からの景色も良かったです。

写真ではわかりづらいですが、有馬温泉地域を一望できるスポットです



そして「虫・鳥地獄」というおどろおどろしい名前の場所を通って帰宅することに

28
IMG_8928.jpg

※名前の由来はこの場所で発生した有毒ガスで虫や鳥がたくさん死んだかららしいです。


そしてなぜか萌え絵を発見。

お絵かき(萌え)

IMG_8932.jpg
IMG_8931.jpg

もはや電車も萌が当たり前の時代かぁ・・・


途中で尼崎で途中下車したのですが、商店街アーケードで晩飯をたべたぐらいで、他は特段なにもありあせんでした()






まとめ


有馬温泉は関西民の日帰り旅行先としては最高の場所


しかし泊りがけで来る温泉ではない



というのが感想です。


一つ一つの温泉が小規模であるため、ここで一泊して・・というのはコスパが悪いと思います。

やはり関西で泊りがけで行くなら7つもの外湯が楽しめる城之崎温泉がよいと思います。

しかし神戸観光とのセットでの宿泊はありだと思います。

逆に城之崎は周辺に遊ぶスポットがないので完全に温泉目的の旅行になりますね。



久しぶりに諸無亭の面子との旅行で楽しかったです。


では今日はこのあたりで。

| 09:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syomutei.blog120.fc2.com/tb.php/757-ed612e87

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT