則天去私

諸無亭が経営する十人十色ブログ!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ARIA徒然記その242 四国旅行後編

担当:ARIA


どもARIAです~

今日は四国旅行記後編です


すやぁと睡眠後早速金比羅へGO!


1368段の階段で有名な金比羅神宮があるところです。

56.57
_MG_1456[1]
_MG_1457[1]


流石、うどん県学校まであるとは。


61
_MG_1461[1]

吉野で発見した商店街日よけ。

ここでも使われていました。


64.65

_MG_1464[1]
_MG_1465[1]

犬までうどん食うのか(困惑)


69
_MG_1469[1]


バリアングルを活かしての撮影。

勾配がきつい・・一段一段かみ締めて登ります。

五人百姓

神聖な境内の中で商売することを許された5家。

今でもべっこう飴を売っています。


75
_MG_1475[1]

あちこちに掲げられているメッセージです。

しかし階段登るのにぜーは~言ってる中で笑顔は無理っすな~


80
_MG_1480[1]

便所の案内が丁寧。

全体的に香川の案内は不親切なものが多いのですが(これほんと改善してほしい)、トイレだけはすごく丁寧。




81.85
_MG_1481[1]
_MG_1485[1]


神馬(生きてる)です。

たいていの神社が置物ですが、ここの馬は生きてます。

おとなしい馬でした。



89
_MG_1489[1]

工事中。斜面に足場を作るのは大変だっただろうなぁ・・


91
_MG_1491[1]

便所案内


95.98.1500
_MG_1495[1]
_MG_1498[1]
_MG_1500[1]

立派すな~



1512
_MG_1512[1]

奥社・・・これがまた遠かった・・・


行くときは「はぁ~もうちょっとで最後かぁ~」等とほざいていましたが・・


15
_MG_1515[1]

中々怖いイラストですね。



20
_MG_1520[1]

定番、苔写真


31
_MG_1531[1]

奥社かな?違いました。


35.36
_MG_1535[1]
_MG_1536[1]

運搬モノレール!!

有馬温泉以来の再会です。

もうこれ乗って頂上まで行きたかった。



37
_MG_1537[1]

そしてトイレ・・・あれっ?もうトイレないって言ってたじゃん?

アイエ!?トイレナンデ!?


とおもったらすさまじい設備で。。もう便所ですらなかった。

これは本当に我慢できないときにしか行きたくないですね。

その意味で前の標識は正しかった。


45
_MG_1545[1]

上に先の道がちらっと見えるので、まだ登るのかという絶望感に苛まれます。

そしてついに到着!!


61
_MG_1561[1]

魚眼


62
_MG_1562[1]

無料で覗ける双眼鏡。

H氏も大満足!?

64.66
_MG_1564[1]

雪がまだ残っていて寒い。

69
_MG_1569[1]

雄大な景色です。

左上に葉が写り込んでしまったのが少し残念。


72
_MG_1572[1]

まるでちく(ry

お参りして帰り始める

とその前にトイレが

83.82.84
_MG_1582[1]

_MG_1583[1]

_MG_1584[1]


怪しい雰囲気です。


私、気になります!!


85
_MG_1585[1]

お察しの設備

そして引き返そうとすると、そこには


89
_MG_1589[1]


つらら!!



95
_MG_1595[1]

鋭利な刃物のような鋭さです。


1600
_MG_1600[1]

冷たい(確信)

久しぶりにつららを見たので、H氏と大騒ぎしながら撮影。

はたから見たらトイレ前で騒ぐ変態()


そしてN二人組みは先に下りているという(ワァオ

帰りも筋肉が悲鳴を上げる下り。。撮影で気を紛らわせながら只管下る。

8
_MG_1608[1]


意外と薄い


9
_MG_1609[1]


これだけ見たら、金比羅神宮って金の神社なのかな?と勘違いしそう。



14
_MG_1614[1]

なにやら写真とボートがあるなぞエリアに迷い込む。


19
_MG_1619[1]

奉納に船用エンジンとは・・・斬新すぎる

20
_MG_1620[1]

また「金」


21

びっしりです。


そして何気なく船の写真に目をやると・・・・


25

_MG_1625[1]




!?!?!?!?



アイエ!?いなずま!?ナンデ!?艦これナンデ!?


まさかの展開にわい提督&N提督大歓喜。


そしてさらに他の写真を見ると・・

35
_MG_1635[1]

伊勢さん!!


航空戦艦さんじゃないですか!!すっかり空母みたいな護衛艦になっちゃって・・・


56
_MG_1656[1]

フフ怖さん!!!

訓練支援艦とは・・似合う!

駆逐艦たちに慕われる教官のイメージです。


60
_MG_1650[1]

あさしおちゃん!!


潜水艦になっているとは・・・

そしてこのとき私は彼女と呉で再会することになろうとは予想していなかった。

72
_MG_1672[1]

むらくもちゃんまで!!


私の最初の秘書艦です。

感慨深いですね。。。。



他にも

37.40.41.42.48.50.52.53.54.59.62.65.74.75.
_MG_1637[1]
_MG_1640[1]
_MG_1641[1]
_MG_1642[1]
_MG_1648[1]
_MG_1650[1]
_MG_1652[1]
_MG_1653[1]
_MG_1654[1]
_MG_1659[1]
_MG_1662[1]
_MG_1665[1]
_MG_1674[1]
_MG_1675[1]

たくさんの艦艇の写真が。

47
_MG_1647[1]

軍人さんの写真も。




まさかここで出会うことになろうとは。

大戦で沈んだ船たちが、戦後違う形で我々大戦後の世代を支えていてくれている。

納得の感動です・・・



そこからさらに下ります。

76.80
_MG_1676[1]
_MG_1680[1]

しょうゆの一斗缶です。

久しぶりに見ました。



そして再度表参道に戻ると・・・


82
_MG_1682[1]


あれれ~?ここ日本橋やったかな?

84
_MG_1684[1]

わぁお・・これガチやん(驚愕


中々の品揃えでびっくりしました。

特にアイカツカードがネット上での適正価格準拠だったことに驚きました。



87
_MG_1687[1]

ほほえましい光景です。

95
_MG_1695[1]

そしてトイレ標識


97
_MG_1697[1]

どうやって作ったんだろう。。。中々複雑な形してるやん・・


そして高松港に戻り、最後に港をぶらぶらすることに。


「せとしるべ」という灯台があるらしいということでテクテク

73
_MG_1703[1]

大きい船がこちらに向かってくるのは中々迫力がありますね。




そして・・・



せとしるべ・・・遠すぎ!!

大きな地図で見る


13
_MG_1713[1]


写真中心部の赤い灯台。

他三人は疲れたので行かないというので私一人で走ることに。


24
_MG_1724[1]

遊歩道として綺麗に整備されています。


26
_MG_1726[1]

ウェミだー


28
_MG_1728[1]

ハト(迫真)


ようやく近づいてきた。


39
_MG_1739[1]

クルージング楽しそう。


44
_MG_1744[1]

到着。



46
_MG_1746[1]

外面をガラスで覆っているという珍しい灯台です。

50
_MG_1750[1]



51

_MG_1751[1]

53
_MG_1753[1]

意外と高い。


57
_MG_1757[1]

そして意外と新しい。



60
_MG_1760[1]




61.72
_MG_1761[1]
_MG_1772[1]


まりんなつ!



1850
_MG_1850[1]

ハトポッポー(野獣の眼光)



67
_MG_1867[1]

高松駅周辺




そしてバスに乗り込み、さらば香川!



まとめ


香川ええとこやった(小並感)


車の運転が荒いこと及び案内が不親切なことを除けばね。

前者に関しては見切り発進はデフォ、車線変更の際のウィンカーなし等非常に危険な場面に何回も遭遇しました。


後者に関しては、どこに何があるのか?そして何時まで開いているのか?肝心な部分がわからず困惑しました。


ただ名称だけ羅列されてもわからない(汗


しかし、海・うどん・城・温泉・神社・寺、、、見所はたくさんある。


楽しかったです。


そして忙しい中、参加してくれたH氏に感謝。

車の運転でもお世話になりました。



次は四国一周とかしてみたいですね~


肝心なうどんについては別記事で改めて書きたいと思います。

本当においしかったです。



では今日はこのあたりで。







| 15:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syomutei.blog120.fc2.com/tb.php/896-b9f397d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT